セラミックファンヒーターってどれくらい暖かいの?電気代は高い?

先日、我が家の6畳の部屋用だった
電気ストーブが壊れてしまったので、
新しく暖房を買わなければ
ならなくなってしまったんですが…

電気ストーブだと部屋全体が
暖まらない感じがしていたので、
風が出るセラミックファンヒーターの方が
部屋全体が暖まって良いのではないか?
と思いました。

ですが、
これまでにセラミックファンヒーターを
使ったことがなかった私は、

「セラミックファンヒーターって
どれくらい暖かいものなのかしら?
電気代は高いのかしら?」

などセラミックファンヒーターに対する
不安や疑問もいろいろあったので、
セラミックファンヒーターは
どれくらい暖かいのかや、
電気代はいくらくらいかかるのか?
ということについて調べてみました。

で、調べてみると、
私と同じ疑問を持っている方も
少なくないようだったので、
今回はセラミックファンヒーターにまつわる
こんな疑問を解決したいと思います^^

セラミックファンヒーターってどらくらい暖かいの?

 

というわけで、
セラミックファンヒーターって
どれくらい暖かいのでしょうか?

結論から言ってしまうと、
セラミックファンヒーターは、
脱衣所やトイレのような狭い場所で
使う場合すぐ暖まりますが、

普通の部屋の場合6畳や8畳程度であれば、
少し時間はかかれど暖まるようですが、
冷え込みが厳しかったり、
部屋の密閉度が悪い場合は
十分に暖まらない可能性もあるので、
使う環境によっては注意が必要です。

 

セラミックファンヒーターは
すぐ暖かい風が出てくるものの、
部屋全体がしっかりと暖まるまでには
若干時間がかかるので、

どちらかといえば、
セラミックファンヒーターは、
直に出てくる温風に当たって温まる
使い方をした方が効果的です。

例えば、
キッチンに置いて足元を温めるのに使う
というような感じで部分的に温めたい時に
使う時に威力を発揮してくれるのですね^^

 

もちろん、6畳や8畳の部屋に
セラミックファンヒーターを置いて
メイン暖房として使っている
という方もいらっしゃるようなので、
そこまで広くないお部屋であれば
セラミックファンヒーターでも
暖められるようなんですが…

使う地域が寒冷地だったり、
部屋の密閉度がどれくらいあるかなど、
条件によってはセラミックファンヒーターでは
部屋がなかなか暖まらないなんて事もあり得るので
セラミックファンヒーターを
メイン暖房にするか検討している場合は
気をつけてくださいね。

アイリスオーヤマ人感センサー付き セラミックファンヒーター 1200W マイコン式 ホワイト PDH-1200TD1-W

 

セラミックファンヒーターの電気代は高い?

 

さて、セラミックファンヒーターを
使う時に気になるのが電気代ですよね?

「セラミックファンヒーターを
使い始めてから電気代が上がった…」
なんて声を耳にする事も
少なくありませんが、
セラミックファンヒーターを使うと
電気代はいくらくらいかかるのでしょうか?

セラミックファンヒーターの
消費電力は1200Wである事が多いので、
1200Wで1時間使用した場合、
電気代はいくらくらいかかるのか?を
1KWhを27円として計算してみると…

・1200W÷1000×1(時間)×27(電気代)=32.4円

となるので、
セラミックファンヒーターを1時間
使用すると約32.4円の電気代がかかる
ということが分かります。

なので、もし1日8時間使用すると、
「32.4×8=216」となり
1日あたり216円電気代がかかり、
1ヶ月だと「216×30=6,480」なので、
6,480円の電気代がかかる
ということになりますね。

短時間の使用であれば、
それほど電気代が大きく上がる
ということはなさそうですが、
長時間毎日使用するというような
使い方をする電気代が高く
なってしまいますね(^_^;)

 

まとめ

 

今回は、セラミックファンヒーターは
どれくらい暖かいものなのかや、
電気代は高いのか?という事について
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

セラミックファンヒーターは
どちらかというと狭い場所や、
部分的に寒い場所を短時間暖める
というような使い方をすると
最も効果的な暖房器具のようですが、

電気ストーブに比べると、
広い範囲を暖められるので、
6畳とか8畳の部屋で、
エアコンやファンヒーターがない場合は、
セラミックファンヒーターを活用するのが
ベストといえるかもしれません。

ということで、
もしよかったら参考にしてみてください(*´∀`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください