雨の日は洗濯物をどこに干す?外干しした方が早く乾くって本当なの?

雨がジメジメしている時って
洗濯物を部屋干しするものの
なかなか洗濯物が乾かず、
臭いも出やすいので困りますよね?

私も同じように思っていたのですが、
「なんとかして雨の日でも洗濯物を早く乾かしたい!」
という思いから雨の日に洗濯物を
早く乾かす方法がないかと調べてみたところ、

雨の日に洗濯物を早く乾かす
意外な方法を発見したので、
今回は、この方法について
みなさんにシェアしていきたいと思います^^

雨の日、洗濯物を外干しした方が早く乾く3つの条件

 

雨の日に洗濯物を外干するなんて
余計乾かなくなって、
臭いがキツくなってしまいそう…

そんなイメージを持っている方も多いかもしれませんが、

実は、雨の日だったとしても、
洗濯物が乾く3つの条件が揃っている場合は、
外干しした方が早く洗濯物が乾きます。

 

洗濯物が早く乾く3つの条件は…

  1. 日光
  2. 適度な風
  3. 適度な温度

になるんですが、

雨の日、洗濯物を部屋干ししてしまうと、
日光と適度な風が全くない状態になるため、
洗濯物がなかなか乾かず雑菌が繁殖し
部屋干し臭が出てきてしまいやすいのですが、

もし雨の日だったとしても、
適度な風と適度な温度と多少の日差しがある場合は、
洗濯物が乾く条件が揃っているので、
雨が降っていたとしても外干しした方が
洗濯物がよく乾くんです♪

 

もちろん、
湿度がかなり高い場合は、
適度な風と温度、多少の日差しがあったとしても
洗濯物が完全に乾くというのは難しいので、

外干しで完全に洗濯物を
乾かそうとするのではなく、
外干しで洗濯物の水気を飛ばして、
室内で扇風機や除湿機を使って
洗濯物を乾かしていくというようにすると、
雨の日でもすばやく洗濯物を
乾燥させる事ができますよ。

 

雨の日に洗濯物を外干しする時の注意点

 

ということで、
雨の日でも多少風が吹いていて、
寒すぎず多少日光があれば、
外干しした方が洗濯物を
早く乾かせる場合があるのですが…

雨の日に洗濯物を外干しする場合は、
次のようなことに注意して干すようにしないと、
逆効果になってしまう場合があります。

 

注意点1・洗濯機の風乾燥がある場合は使ってから外干しする

 

雨の日はなんだかんだいって、
洗濯物が乾きにくい時なので、
できるだけ洗濯物が乾きやすいように
することが重要なんですが、

洗濯機に風乾燥機能がついている場合は、
風乾燥をしてから外干しするようにすると
より早く洗濯物を乾かす事ができます。

・洗濯機の風乾燥の仕組みや使い方!電気代はいくらかかるの?

また、風乾燥がないタイプの洗濯機の場合は、
脱水のみを追加で行うようにすれば、
風乾燥機能の代用ができるので
ぜひ試してみてください。

 

注意点2・洗濯物が雨に濡れる心配がないようにする

 

雨の日に洗濯機を外干しする場合は、
洗濯物が雨に濡れる心配がないように
雨よけシートなどを活用して
干すようにすると良いです。

例えば洗濯物をベランダに干すとして、
雨が風にのって洗濯物に当たってしまうと、
洗濯物が濡れてしまいますし、

ベランダの手すりに雨が跳ね返って、
それが洗濯物に当たってしまっても
洗濯物が乾かなくなってしまいます。

なので、雨の日に洗濯物を安心して外干しできるよう、
雨よけ対策は万全にしておきましょう。

・風を通す雨よけベランダカーテン

 

注意点3・雨風が強い時は外干ししないようにする

 

あまりにも雨風が強いと感じるような時は、
洗濯物を外干しするのにはやめましょう。

雨や風が強すぎると、
雨よけするのが難しいですし、
風で洗濯物が飛ばされてしまう
可能性があります。

 

注意点4・風がなさすぎる時も外干ししないようにする

 

また、風がなさすぎるときも
洗濯物を外干しするのはやめましょう。

洗濯物が乾くには適度に風が吹いている必要があるので、

そもそも風が吹いていないのであれば、
部屋干しして扇風機を当てたり、
エアコンを動かして干すようにした方が
洗濯物を早く乾す事ができます。

 

洗濯物を部屋干しする時のポイント

 

「雨の日でも洗濯物を外干しできる時があったなんて…」
とビックリされた方も多いかもしれませんが、

ここからは、
部屋干しに切り替えて洗濯物を
乾かしていく時のポイントについて
ご紹介していきたいと思います。

 

ポイント1・扇風機で気流を作る

 

洗濯物を部屋干しする場合は、
扇風機を使って気流を作るようにすると
早く乾かす事ができるようになります。

洗濯物が乾くためには適度な風が必要なので、
扇風機を回しながら部屋干しすると良いですね。

また、部屋の空気が循環するように、
扇風機を部屋のはじに設置し、
向かいの天井に向かって風が当たるよう
やや上向きに設置すると良いですよ♪

 

ポイント2・なるべく間隔を広くとって洗濯物を干す

 

洗濯物を部屋干しする場合は、
なるべく洗濯物同士の間隔を広くして
干すようにしましょう。

洗濯物同士の間隔が狭すぎると
空気が通りづらくなり、
洗濯物の乾きが悪くなってしまいます。

 

ポイント3・換気しながら干す

 

洗濯物を部屋干しすると、
部屋の湿度が上がってしまい、
どんどん洗濯物の乾きが悪くなるので、

少し窓を開けたり、
換気扇を回したりして、
換気しながら干すようにしましょう。

 

まとめ・雨の日洗濯物をどこに干すか迷ったら…

 

今回は、雨の日でも洗濯物を外干しした方が
早く乾く場合があるということなどについて
ご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

雨の日でも、
適度に風と温度があって日光があるような時は
外干しした方が洗濯物が乾きやすいので、
意外ですが外干しはアリなんですね(^^)

ただ、雨風が強すぎる時や、
日光や風全くないような時は、
外干ししてもあまり意味がないので、
部屋干しした方が良いですね。

ということで、
雨の日洗濯物をどこに干すか迷ったら、
ぜひ今回ご紹介したことを参考にして
洗濯物が早く乾くようにしていきましょう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください